バターコーヒーの作り方

コスパ最強のバターコーヒーの作り方を紹介

コスパ最強のバターコーヒーの作り方を紹介

バターコーヒーを続けて毎日飲みたいけど、コスパが悪くて続けるのが辛い…。

そんな方にオススメなのは、インスタントバターコーヒーにMCTオイルを加えるという方法。

チャコールバターコーヒーなら1980円で30杯飲めます。

1杯63円の計算です。

ただ、チャコールバターコーヒーは粉末にしてインスタント型にする都合上、どうしても脂質を少なくする必要があり、MCTオイルの配合は1gを切っています。

そこで、MCTオイルは別途で購入して、チャコールバターコーヒーに加えて飲むのが良いと思います。

MCTオイルが1杯あたり70円くらいなので、チャコールバターコーヒーと加えると130円程度で作れる計算になります。

バターコーヒーを自分で作るとなると、結構高いですよね。

インスタントのドリップコーヒーを使ってバターコーヒーを作るとして計算すると

コーヒー 46円
グラスフェッドバター 99円
MCTオイル 70円

合計で215円になります!

計算に使った商品は以下の品物

created by Rinker
グランフェルマージュ
¥2,700
(2021/12/06 20:16:02時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
CoCo(ココ)
¥1,398
(2021/12/05 21:27:30時点 Amazon調べ-詳細)

手軽でコスパの良い作り方が良いですよね。

バターコーヒーはコスパが悪い

バターコーヒーを作るためには、結構高級な食材を使う必要があります。

→【バターコーヒーとは?作り方や効果を解説!

特に高いのがグラスフェッドバター。

牧草飼育のみで育てられた乳牛からできたバターなので、そこそこ高いのはわかりますが、これはかなりの高級品です(笑)

MCTオイルなんかは比較買いやすい食品なんですけどね(笑)

さらに、バターコーヒーの出典である「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」では、コーヒーはオーガニック栽培されたコーヒーが良いとされています。

オーガニックのコーヒー豆からいれたコーヒーなんて、先に紹介したドリップコーヒーの数倍の値段がします(笑)

これを考えただけでもバターコーヒーを飲むのを止めたくなります。

しかし、必ずしもこれらの食材を揃えなければバターコーヒーダイエットが出来ないわけではありません。

最強はインスタントのバターコーヒーも発売されていますので、これらを使う方法もあります。

→【おすすめのインスタントバターコーヒー5選

チャコールバターコーヒーが一度コスパが良い

インスタントのバターコーヒーの中でも、コスパが良いのはチャコールバターコーヒーになります。

チャコールバターコーヒーは1杯63円程度で飲めて、さらに公式ショップでまとめ買いすれば50円程度で買うことができます。

チャコールバターコーヒーはお湯か水に10秒で溶かして飲めますし、個包装になっているので持ち運びも便利でいつでもどこでもバターコーヒーが飲めます。

ただし、インスタントコーヒーの欠点として乾燥粉末になっているので、脂質は少なくなっています。

そこで、飲む前にはMCTオイルを加えて飲むと良いでしょう。

→【チャコバにはMCTオイルを追加しよう

それでも1杯100円程度でバターコーヒーが飲めますので、自分で作るより安いですし、ファミマバターコーヒーよりも安く出来ます。

→【ファミマのバターコーヒーはダイエット効果なし?

コスパを抑えて継続的にバターコーヒーを飲みましょう!