バターコーヒーの基本知識

バターコーヒーは夜に置き換えて飲むのもあり!ダイエット効果は?

バターコーヒーは夜に置き換えて飲むのもあり!ダイエット効果は?

バターコーヒーは夜に置き換えて飲んでも良いのでしょうか?

朝どうしてもバターコーヒーを飲む暇がないという方は夜にバターコーヒーを飲むのも良いです。

 

バターコーヒーの脂肪燃焼を助ける効果は、朝飲んでも夜飲んでも発揮されますからね。

 

ただし、コーヒーをに含まれるカフェインで、睡眠の質が低下する可能性もあります。

夜にバターコーヒーを飲むなら、寝る前の5~6時間くらいにしておきましょう。

 

カフェインが気になる方はデカフェ(カフェインレス)のコーヒーを飲みましょう。

デカフェのバターコーヒーなら、チャコールバターコーヒーのデカフェ版がオススメです。

チャコバ デカフェ

関連記事【デカフェのバターコーヒーでも効果あり!

 

公式サイト3箱買うと、1箱無料プレゼントされるのでAmazonで買うより500円お得ですよ!

さらに、LINE友達追加で200円OFFクーポンも貰えます!

→【チャコールバターコーヒー公式サイトを見る

 

 

チャコールバターコーヒーのデカフェ版なら、10秒で出来てるので作るのも簡単です。

 

MCTオイルを足して飲めばダイエット効果も期待できます。

created by Rinker
CoCo(ココ)
¥1,398
(2021/12/05 21:27:30時点 Amazon調べ-詳細)

 

本来のバターコーヒーダイエットの方法としては、夕食後は朝までプチ断食を行い、朝にバターコーヒーを飲むのが良いとされています。

関連記事【バターコーヒーダイエットの方法を解説

 

朝バターコーヒーを飲めば、ダイエット効果のみならず、カフェインの効果で頭もスッキリして素晴らしい一日をスタートさせることができます。

 

朝からバターコーヒーを作る時間がない方はインスタントのバターコーヒーを試しても良いと思います。

忙しい朝はインスタントのバターコーヒーがオススメ

 

チャコールバターコーヒーなどのインスタントコーヒーは10秒で作ることが出来ますし、1杯60円程度で作れるので経済的です。おすすめのインスタントコーヒーは以下の記事で紹介しています!

ピックアップ:おすすめバターコーヒー
バターコーヒーダイエットにおすすめ!人気ランキング5選この記事では、市販されているインスタントタイプのバターコーヒーでオススメの5つを紹介します! 1位 ...

 

バターコーヒーダイエットは、ただバターコーヒーを飲んでいれば痩せるものではありません。

必ず糖質制限をセットで行うことが大切ですよ。

バターコーヒーダイエットは糖質制限が大切

 

バターコーヒーがダイエット効果を発揮するのは、糖質制限と組み合わせた時です。

糖質を制限することにより、脂肪をエネルギーに変える体質に変化させます。

 

そこに、バターコーヒーに含まれる燃焼されやすいグラスフェッドバターやMCTオイルを摂取することで、脂肪を燃焼してエネルギーにする体質になりやすくなります。

いつもの食事にバターコーヒーを夜飲むと、ロリーが増えるだけなので普通に太りますから注意が必要です!

 

朝はどうしても時間がないことが多いため、バターコーヒーを飲んでいる暇がないことも多いですよね。そんな方は夜にカフェインレスのバターコーヒーとMCTオイルを混ぜて飲みましょう。

 

\3箱買うと1箱無料/

チャコバ公式サイトを見るAmazonよりお得!

 

バターコーヒーはいつ飲む?朝の置き換えがオススメ

 

バターコーヒーは朝飲むのが良いとされています。

バターコーヒーは朝食に置き換えるのがオススメ

 

それは、カフェインの効果で頭をスッキリさせ、朝から昼まで空腹をサポートしてくれるからです。

夕食を食べた後から食事を制限して、朝バターコーヒーを飲むという生活をするだけで痩せそうですよね。

 

さらに、昼と夜の食事も糖質を制限した食事をすることで、糖質をエネルギーとせず、脂肪をエネルギーとして活動しやすい体に近づくことができます。

カフェインを摂取した場合、交感神経が活発になることが多いので、朝にカフェインを摂取することが多いですよね。

 

また、バターコーヒーはグラスフェッドバターやMCTオイルなどのカロリーのある食材が入っているので、夜寝る前に飲むのは基本的には推奨できません

 

これらの理由から、基本的にバターコーヒーは朝飲むのが一般的です。

しかし、朝忙しくてどうしても飲めない人は夜に飲むのもアリです。

 

また、夜お腹が空いて食べてしまいそうな時はバターコーヒーを飲むのも良いでしょう。

グラスフェッドバターやMCTオイルの効果はいつ飲んでも一緒ですからね。

 

ピックアップ:おすすめバターコーヒー
バターコーヒーダイエットにおすすめ!人気ランキング5選この記事では、市販されているインスタントタイプのバターコーヒーでオススメの5つを紹介します! 1位 ...

 

バターコーヒーを夜飲むならデカフェにしよう

 

コーヒーには、カフェインの入っていないカフェインレス(デカフェ)のものがあります。

カフェインは抗菌効果があるので、カフェインを除去したコーヒーはカビ毒に侵されている可能性があるとされ、推奨はされていません。

しかし、カビ毒までこだわるのはかなり大変です。

それでは普通のコーヒーを飲むのが難しくなってしまいます。

ダイエット効果を得るなら、そこまで拘らなくても良いということですね。

夜寝る前にカフェインを摂取すると眠れなくなる人はデカフェのコーヒーでバターコーヒーを作りましょう。

手軽に簡単に作るのであれば、チャコールバターコーヒーのデカフェがオススメです。

 

手軽に簡単で10秒で出来るチャコールバターコーヒーは、作るのが大変なバターコーヒーを飲みやすくしてくれます。

デカフェだと、ちょっと味は落ちますが、チャコールバターコーヒーのデカフェは美味しいのでコーヒー好きにもぴったりです。

バターコーヒーは夜(寝る前)に飲んでも良い?

 

バターコーヒーはいつ飲んでも効果があるとされています。

出来れば、朝からバターコーヒーを飲んで1日をスッキリした1日にしたいですよね。

 

でも、どうしても朝飲めない方は、夜にデカフェのバターコーヒーを飲んでダイエットを助けてもらって下さいね!

寝る前の直前に飲むのは交感神経を高めてしまう可能性もあるので、出来れば避けて下さい!